夏が旬の野菜とその見極め方って?

夏が旬の野菜とその見極め方って?

夏野菜は、たくさん出る汗や暑さに対応できるよう水分とカリウム、ビタミンが豊富に含まれていることと、清涼感を得ることができるのが特徴です。
では、夏野菜には、どのようなものがあるのでしょうか。
キュウリ、ナス、トマト、ピーマン、オクラ、トウモロコシ、ニラなどが代表的野菜といえます。
これらの夏野菜は、どのようなことに注意して購入すればいいでしょうか。
まず、キュウリですが、緑色が濃くツヤがあり、イボイボがとがって痛いくらいのものがGood。
全体的に新鮮なものほど張りがあり、鮮度が落ちてくるに従ってしなびてきます。
ナスは、ヘタの切り口が新しく、トゲがとがっているもの。
表面にキズがなく、ツヤのある濃い紫をしているものが新鮮です。
トマトは、全体に硬くしまり、丸みがあり、ヘタが緑色でいきいきしているものほどいいものです。
角ばっているものは中に空洞があることが多く、ヘタ近くにヒビ割れのあるものは味がよくありません。
人によって好き嫌いがはっきりしているピーマンは、全体にツヤがあり、緑色が濃く、張りのあるものを選びましょう。
ねばねばした食感のオクラは、切り口がみずみずしく、表面に細かい産毛がびっしり生え、中くらいの大きさのものが新鮮で味も良いです。
トウモロコシは、穂先の色が濃い茶色で縮れ、外皮の緑色が濃いもの。
粒が均一に入っていて、指で押すと少しへこむくらいのものが新鮮です。
抗酸化作用のあるニラは、葉が緑色でみずみずしく、葉先までまっすぐ伸びたものを選びましょう。
夏野菜には、夏の暑さに負けないような成分がたくさん含まれています。
夏バテなどしないように、夏野菜をおいしく食べて、夏を乗り切ってください。